「本当に当たる占い師はどこにいるの…?」と迷ったら…

まずは占い好き100人に聞いた!おすすめの電話占いサイト&当たる占い師ランキングの記事を読んでみてください。

アンケートの結果…見事1位に輝いた電話占いサイトは……!?

近隣トラブル解決法!警察や弁護士を使わず未然に防ぐ5つの心構え

         心・精神の悩み

Pocket
LINEで送る

悩んでいる少年の画像

今回は近隣トラブルとなる原因やトラブルの解決法、近隣住人とのトラブルを未然に防ぐ心構えなどを紹介していきます。

  • 近隣トラブルなんて経験がないし大丈夫でしょう!
  • 周りに気を使うタイプだから心配ない。
  • 近所と接点をもたないようにしているからトラブルになりようがない。

 

こんな人もいるかと思いますが、自分は何も悪いことをしていないから大丈夫だと思っていても、無意識に迷惑をかけていてトラブルになることもあるのです。

 

なぜ近隣トラブルは起こるのでしょうか?

大きな原因としては近所付き合いの希薄化があげられています。

サラリーマン世帯が多くなり、女性の社会進出も増えてきました。

共働きで朝早くから、夜遅くまでと長時間働く人も少なくありません。

 

なかには家に帰るのは寝るだけという人もいますよね。

家で過ごす時間がなければ、地域との接点は当然に少なくなります。

 

近所付き合いの希薄化は活動している時間帯が合わないため、周りと深い関係を望まない人が増えてきていることが原因になっています。

 

資料の画像

引用元:総務省「労働力調査」より

 

近隣住民との関係性が薄れていけば、お互いの生活環境を知ることができず、トラブルに発展することが多いのです。

 

例えば隣の住人の子供が多少うるさくても、顔見知りであれば
「あ~、あそこはまだ小さい子供がいるから、多少はしょうがないね」
となりますが環境を知らなければ、
「なんでこんな時間に子供が泣いているんだ? 親は何をしている!」
と注意や文句を言われかねませんね。

 

お互いの環境を知る、知らないとでは許せる範囲が変わってきます。

近隣関係が薄れている現在では、近隣トラブルは誰にでも起こりうるのです。

 

 

近隣トラブルの原因と嫌がらせの事例

 

怒っている女性画像

ここではトラブルになる主な原因と嫌がらせの事例について説明していきます。

 

近隣トラブルは、そもそも何が原因で起こるのでしょうか?
そしてどんな原因が火種になって嫌がらせへ発展するのでしょうか?

その火種となる原因や嫌がらせを一つずつ説明していきます。

ここでは原因とトラブルから嫌がらせに発展してしまったことについて説明していきます。

近隣トラブルは、そもそも何が原因になっているのでしょうか?
そしてどんな原因が火種になって嫌がらせへ発展するのでしょうか?

その火種となる原因を一つずつ説明していきます。

 

近隣トラブルは、そもそも何が原因になっているのでしょうか?
そしてどんな原因が火種になって嫌がらせへ発展するのでしょうか?

その火種となる原因を一つずつ説明していきます。

 

近隣トラブルになる原因の1位は「騒音」

近隣トラブルになる原因の多くは下記に挙げる5つになります。

この5つの原因の中では、なんと騒音でのトラブルが一番多いのです。

  • 騒音が原因の近隣トラブル
  • ゴミの分別や出し方が原因の近隣トラブル
  • ペットの飼育が原因の近隣トラブル
  • たばこの喫煙が原因の近隣トラブル
  • 違法駐車が原因の近隣トラブル

 

誰でも「無意識」にしてしまっている行為もありますので、ひとつずつ紹介していきますね。

 

 

騒音が原因の近隣トラブル

 

耳を塞ぐ少年の画像

近隣トラブルで不満が多いのは、近隣住民からの「騒音」です。

騒音といっても主に生活音ですね。

生活音の中でも子供の騒ぐ声や走り回る音、子供を叱る親の声などが多いのです。

また、夜中に洗濯機を回す音やテレビ、音楽なども原因に入ります。

 

生活環境が多様化している現代では活動する時間帯がそれぞれ異なってきます。

静かに過ごしたい時間帯に大きな音が聞こえてきては、やはりストレスです。

 

ただ一言に「うるさい」といっても、その基準は人それぞれのため難しいところです。
だからといって生活をする上で音をまったく立てないことは不可能ですね。

 

本来はお互いに許容できる範囲をすり合わせるのが一番なのですが、直接言って角が立つのも嫌なので我慢していませんか?

ストレスを溜め込んで爆発する前に、適切な対処をするようにしましょう。

 

音に関するトラブルは、住民同士の衝突から悲惨な事件にもつながり、近隣トラブルの問題のなかでも特に大きなトラブルになります。

 

騒音を発している住人へ直接苦情を伝えてしまう方も多いのですが、これは今後のあらぬトラブルを招く危険性があるため、できるだけ実行しないようにしてください。

 

実際に何らかの騒音トラブルに巻き込まれてしまっている方は、必ず最初にその物件を管理する管理会社へと連絡することをおすすめします。

 

 

ゴミの分別や出し方が原因の近隣トラブル

ゴミの収集所は、近所の複数の住民が共通で利用する場所なだけに、トラブルになりやすい場所です。

うっかりゴミの出し方を間違えると、ご近所さんとの言い争いに発展してしまうことがあります。

 

最近ではエコの観点から、細かくゴミ出しをする自治体が増えてきました。

燃えるゴミも紙とプラスチックに分別、資源ゴミも瓶と缶、ペットボトルに発泡スチロールなど、細分化される一方です。

 

ゴミ出しの細かい言い争いが、大きなご近所トラブルに発展してしまうこともあります。

 

そして、ゴミ出しの時間を守らないため起こるトラブルもあります。

ゴミ出しは通常、収集日の朝に出すことが多いです。

ほとんどのマンションや戸建では収集日当日の朝に出すことになっていますね。

 

例えば前日の夜からゴミ出しをして、ゴミ置き場が開いていないとわかるとその前にゴミを置いてしまう人がいます。

これがトラブルの元になったりするのです。

 

ゴミ出しのルールは地域毎に変わりますが、社会的なルールや道徳、マナーの基本的なことになりますので守るようにしましょう。

 

 

ペットの飼育が原因の近隣トラブル

ペットに関する近隣トラブルで最も多いのが、糞尿の放置や鳴き声に関するものです。

またエレベーター内にペット特有のにおいがこもったり、ペットの排泄物からの悪臭やペットの毛が洗濯物へ付着したりとトラブルになる原因はさまざまです。

 

集合住宅の場合であれば、壁ひとつ隔てているだけで隣人との距離が非常に近いうえに共用スペースも多いので、飼い主の注意不足による近隣トラブルが多くなっています

 

ペットの中でも犬の鳴き声は特に大きく耳に響きます。

犬の鳴き声に対する反応は人によって異なりますので、一概にどの程度の鳴き声がうるさく感じるのか、どのくらいの頻度なら良いのか悪いのかは、なかなか判断はできません。

 

日頃から静かな生活をしている人であれば、 わずかな鳴き声でも「うるさい」と感じるでしょう。

早朝や深夜のような静かな時間帯に毎日吠えるようになれば、近隣住民に不快感や不眠といった深刻な悩みをもたらす可能性があります。

 

うちの家の犬は滅多に鳴かないから大丈夫」と思っている方も、 留守中には鳴いていることもあります。

外出時にレコーダーなどで室内の音を録音して確認をしてみてください。

 

もし必要以上に鳴いているようであれば、不在時は身内や知人に預かってもらうか、ペットの預かりサービスを利用することで、事前にトラブルを回避することができます。

 

 

近年、ペットの飼育に関するトラブルが増えてきていることから各自治体や保健所では「飼育マナーの啓発」や「犬のしつけ相談」などを実施しているものの、思うような効果が上がっていないのが現状です。

 

日本ではペットの飼育に関する規制が緩く、誰でも簡単に飼えるところが一つの問題とも言われています。

ヨーロッパなどでは、審査に通らないとペットを飼うことが許可されないようになっています。

そういった厳しい規制のない日本では、飼い主個人がモラルを高めていかなければなりませんね。

 

 

たばこの喫煙が原因の近隣トラブル

たばこの煙の画像

たばこの煙が原因でトラブルになることもあります。

家の中では吸えないのでベランダで吸う人が多く、マンションや団地ではそれがホタルのように見えるので「ホタル族」なんて呼ばれていましたね。

家族に気を使ってベランダでたばこを吸っていたのに近隣に迷惑をかけている可能性があるのです。

 

ベランダでたばこを吸うと煙を周りに拡散してしまいます。

気候の良い時期ですと窓を開けている世帯も多いので外からたばこの煙が入ってきてしまい、受動喫煙被害としてトラブルになる場合があります。

また、たばこの臭いが洗濯物についてしまってトラブルになるケースもあります。

 

分譲マンションですと、ベランダは個人のものと思いがちですが実は共用部分になるのです。

マンションを購入した個人に専用使用権が与えられているだけなのですね。

「ベランダなどの共有部分での喫煙は禁止」となっているマンションは多くなっていますので一度、確認をしてみましょう。

 

戸建の場合は自宅の庭先での喫煙だからといって安心ではありません。

タバコの厄介なところは「煙」なんですね。

風向きによっては非喫煙者の自宅へ入り込んだり、洗濯物への臭いの付着などマンション住まいと同じようなトラブルになる可能性は十分にあります。

 

近年は健康意識が高くなっていますので喫煙者にとっては、なんとも肩身の狭い世の中になってしまいました。

 

 

違法駐車が原因の近隣トラブル

違法駐車を直接注意することからトラブルになるケースになります。

近年は取締りの強化で違法駐車の数は激減しましたが、それは幹線道路沿いのことで住宅地では、未だに違法駐車をみることが多いです。

 

「駐車禁止の標識のある場所ではないから駐車をしても大丈夫」 と思われている方も多いのですが、歩道が設置されていない道路のほとんどには路側帯(道路の両側の端に白線で区切られている細長い部分)があります。

路側帯は、基本的には歩行者が通行する場所です。

もし、車が路側帯をふさいで駐車していればそれは違反になります。

 

車両は、路側帯に入つて停車し、又は駐車するときは、次の各号に掲げる区分に従い、それぞれ当該各号に定める方法によらなければならない。

一  歩行者の通行の用に供する路側帯に入つて停車し、又は駐車する場合 当該路側帯を区画している道路標示と平行になり、かつ、当該車両の左側に歩行者の通行の用に供するため〇・七五メートルの余地をとること。

この場合において、当該路側帯に当該車両の全部が入つた場合においてもその左側に〇・七五メートルをこえる余地をとることができるときは、当該道路標示に沿うこと。

二  歩行者の通行の用に供しない路側帯に入つて停車し、又は駐車する場合 当該路側帯の左側端に沿うこと。

 

引用元:道路交通法施行令第十四条の六  

 

もちろん歩行者の数が多いか少ないかは関係ありませんし、緊急車両等が通れないようであれば大きな問題になります。

 

駐車違反だからといって直接注意をすることは避け、匿名で警察へ通報するのが最善になります

通報は警察署や交番に相談に出向くのではなく、路上駐車があるときに電話するようにしましょう。

 

電話の内容としては「車が頻繁に駐車していて見通しが悪いため、交通事故が起こるのではないかと心配だ」というような言い方でよいでしょう。

匿名で連絡して立ち会う必要もありませんが、警察による取締りの結果を知りたければ、氏名と電話番号を伝えておきましょう。

 

 

近隣トラブルの「嫌がらせ」の事例

怒っているキャリアウーマンの画像

ここでは嫌がらせの代表的な事例を6件紹介します。

  • 車に傷を付けられる嫌がらせ
  • 近所に悪い噂を流される嫌がらせ
  • ポストや庭にゴミを入れられる嫌がらせ
  • 洗濯物を汚されたり盗まれる嫌がらせ
  • 会うたびに身に覚えの無いことの文句を言われる嫌がらせ
  • 行動を監視されている嫌がらせ

トラブルとなり、その仕返しとして嫌がらせをする悪質な人が増えています。

たかが嫌がらせと侮ってはいけません。

 

車に傷を付けられる嫌がらせ

自宅に停めてある車に傷や落書きなどをされてしまうことです。

傷が増えていくようであれば意図的に傷をつけられている可能性は高いです。

 

悪質になるとタイヤをパンクさせたり、窓ガラスを割られたり、鍵穴をつぶされるなどがあります。

 

ここまでになると嫌がらせは超えて「被害」になります。

 

近所に悪い噂を流される嫌がらせ

どこにでも噂好きの人はいますが、根も葉もない悪い噂を流されるのは正直気分のいいものではありません。

そのうえ、噂を信じた近所の人から避けられるのは、とても辛いことだと思います。

 

「人の噂も七十五日」という言葉もあります。
日がたつにつれ噂も収まってきますので当たり障りのない対応をしておけばよいでしょう。

 

もし近所の人と話す機会があれば、噂されていることには触れず、噂を否定する内容を会話の中に入れることで噂は間違いと上手に伝えることができます。

 

ポストや庭にゴミを入れられる嫌がらせ

敷地内に不自然なゴミが落ちていたり、ポストにゴミが詰められていたり、出したはずのゴミが玄関先に投げ入れられたりとゴミに関する嫌がらせも多いです。

 

「あそこの家はゴミを放置していて不衛生だ!」
「ゴミ屋敷!」

などと悪い噂もたてられるなど陰湿です。

 

洗濯物を汚されたり盗まれる嫌がらせ

こちらも質の悪い嫌がらせなりますが、干してある洗濯物を汚されたり盗まれたりされます。

洗濯物はベランダや庭先に干しますので目に付きやすいことから、いたずらはされやすくなります。

 

中には洗濯物に「殺虫剤」をまかれたという事例もあります。

 

会うたびに身に覚えの無いことの文句を言われる嫌がらせ

捨てた覚えのないゴミを捨てたと言われ戻されたり、音も出していないのにうるさいと言われたりと全く見に覚えのないことへの文句を言われます。

気の弱い人ですと黙ってしまい我慢をしてしまいますね。

 

相手は言い返さないことをいいことに文句を言い続けますのでストレスは増え続けてしまいます。

 

行動を監視される嫌がらせ

行動を監視されているような気がしたら、それは嫌がらせの可能性があります。

たとえば、近隣に設置されている防犯カメラがこちらを向いている。

出かけるときや帰宅時、庭先で洗濯物を干しているときなど視線を感じると、わざと見えるように何かメモを取っていたりします。

 

こうなると本当に気持ちが悪いですね。

これは無言の圧力になり、重症化すると「うつ病」などの精神疾患を発症しかねません。

 

 

近隣トラブルになったときの解決法

 

ガッツポーズの女性画像

ここでは近隣トラブルになったときの解決法をお伝えします。

解決法として紹介するのは下記の5つになります。

  • 警察へ相談する
  • 弁護士へ相談する
  • 市役所へ相談する
  • 引っ越しをする
  • 占いに頼ってみる

トラブルの原因や程度によって対処法が変わってきますので、 それぞれ紹介をしていきますね。

 

 

事件になってからでは遅い!警察に相談すべき?

身の危険を感じるようであれば、すぐに警察へ相談するようにしましょう。

また、実害があった場合も警察へ相談してください。

  • 車に傷をつけられる(器物破損)
  • 敷地内にゴミをすてられる(不法投棄)
  • 敷地内を荒らされる(不法侵入)
  • 脅される(脅迫罪)
  • 暴力を振るわれた(傷害罪)

嫌がらせの事例にもありましたが車に傷を付けられたり、自宅にゴミを捨てられたりなどの被害が発生していれば警察へ相談してみましょう。

物的証拠(写真や映像、音声など)があればすぐに動いてもらえます。

 

抑止力になるからと何でも警察に頼る方もいますが、警察は基本的に民事不介入です。

トラブルの内容によっては相手側への注意やお願い程度に留まることが多いです。

 

例えば、庭に侵入して洗濯物を汚したり盗んだ場合は犯罪行為にあたりますが、道端から部屋をのぞかれた場合はプライバシーの侵害で民事となりますので、警察では対処できなかったりします。

 

また注意された相手側に警察へ通報したことが分かってしまうと逆恨みで嫌がらせが始まったり、今までの嫌がらせがひどくなったりする可能性はあります。  

実害があったり、身の危険を感じること以外であれば警察への相談や通報はよく考えてから行いましょう。

 

警察に頼るまで発展してしまっているトラブルは根が深く事件に発展する可能性が高いので、警察への相談までに至る前に解決させたいものです。

 

 

弁護士に相談もあるが費用が心配。裁判に発展する場合もあり

お互いの話合いで解決できればそれに越したことはありませんが、早い段階で弁護士などの専門家に間に入ってもらい、冷静に解決をすることが望ましい場合もあります。

 

しかし、弁護士に依頼するとなれば費用の問題があります。

  • まずは法律的にはどうなのか?
  • どういった解決が図れるのか?
  • どうしたらよいのか?

などを弁護士に相談したいところですね。

相談料についてですが、30分5000円、1時間であれば10000円程度というのが一般的な金額になります。

 

そして実際に弁護士へお願いをすると概算費用にはなりますが、相談料で1時間1万円、着手金で20万円前後、内容証明作成などで3万円程度、裁判へ発展すれば成功報酬で50万円~の費用がかかります。

 

トラブルの程度や精神的なことを考えると、かかる費用を安いとみるか高いとみるかはそれぞれですが、一般的には負担は大きいといえます。

 

高額な弁護士費用を軽減できる方法として、弁護士費用保険というサービスもあります。 月額約3000円程度で、弁護士を使うときの費用の全部または半分を負担してもらえるという保険になります。

 

毎月の負担になるので弁護士をそこまで頻繁に利用するか? ですね。

 

 

市役所の相談窓口は効果ある?

近隣トラブルの解決方法として、役所に相談をするというのもひとつの方法です。

自治体によっては役所に苦情処理係という部署があるので、そちらへ相談してみると良いでしょう。

 

役所ではまずは「実態調査」をします。

近隣住民からの聞き取り調査などで「トラブルの実態」「被害状況」の確認をしていきます。

警察ほど抑止力の期待はできませんが、実態の確認が取れれば注意や指導をしてもらえます。

 

役所なので本来はもっと身近に相談はしたいのですが、どこか事務的に感じる事が多いです。

  • 過剰反応では? 
  • 誰だって我慢していますよ
  • あなたにも非があるのでは?

こんな二次被害を受けてしまうこともあります。

 

各自治体で対応の差はありますが、中には親身になって相談を聞き入れてくれる役所もありますので一度、最寄りの役所へ対応の確認をしてみましょう。 

 

 

精神的に追い詰められたら引っ越しも考える

自分たちがいくらルールを守った正しい生活をしていても、そんなことなどお構い無しの隣人であれば全く意味がありません。

精神的に追い詰められるようであれば、思い切って引越しも考えた方が良い場合もあります。

 

引越し費用の問題、子供がいれば転校等の手続きや住居を購入していれば売却等など、簡単にいかない場合もありますが、速やかに引越しをする方が無駄な時間を使わずに済みますし、余計にトラブルが悪化して最悪の状態になることを防ぐことができるのです。

 

トラブル相手と顔を合わせるだけでも苦痛になり、何をしても友好な関係にならないのであれば環境を変えてしまうことが最善になります。

 

現状の問題を抱えながらこの先の生活を考えて判断してみましょう。

 

 

どうすれば良いか分からない時は占いに頼るのもありです

近燐トラブルは占いに頼ることで解決する場合があります。

 

近隣トラブルでは当人同士だと感情的になるので直談判はできれば避けたいものです。

しかし警察はちょっと敷居が高いし、弁護士は費用面が心配。

市役所へ相談してもしっかり対応してくれるか不安。

でも何をどうするべきか? 悩むことは多いかと思います。
そんなときに、心強い味方になってくれるのが占い師なのです。

 

実際に近隣トラブルで占いに相談された口コミがありましたので紹介しますね。

最近マンションに引っ越したのですが、
近所付き合いでトラブルが発生してしまいました。

隣の部屋の住人の騒音が酷いのです。
しかも隣の住人は子供の同級生の親。

毎日うるさいと注意したくてもなかなか強く言えません。

夜中私たちが寝ている様な時間に大音量の音楽が聞こえてくるし、 日中は日中で扉の開け閉めが乱暴で振動が伝わってきます。

最近では、子供が壁を叩くようで、 ドンドンとしつこく叩くのでうるさくてたまりません。

(引用元:電話占いロバミミ

木蓮先生には数え切れないくらい鑑定を依頼していますが、物事の本質を見抜く力が凄いと思います。

近隣トラブルについての相談も先生に視て頂いて解決しそうです。

いつもありがとうございます。

(引用元:電話占いアクシア

隣人とのトラブルで悩んでいましたが
先生のおかげで解決しました ありがとうございました。

なんか、旦那の転勤で引っ越すそうです。

今後とも宜しくお願いします!

(引用元:電話占いユアーズ

 

口コミは抜粋で紹介しましたが、意外に占いに頼っている人は多いのです。

また、多くの占い師は「占うことができる相談内容」には「近隣トラブル」と記載がありますので、それだけ相談される方が多いといえます。(需要があるので掲載しているのです)

 

占いに頼ることで抱えている悩みの対処法を教えてもらえます。

原因を探りその原因に対して自分がどう思い、どう行動を起こすか導いてくれるのです。

そしてその行動が開運にも繋がっていくのです。

 

占いに頼るときに、大切なことは「良い占い師を選ぶこと」になります。

近隣トラブルに悩んでいるのに、恋愛に強い占い師さんを選んでもしょうがないですよね?

 

電話占いを利用するのに「当たらない」電話占いを選んでも……。

 

そこでここでは、電話占いサイト選びに迷わないように「当たる電話占いサイト」を紹介します!

占い歴30年以上の現役占い師が本気で厳選した、本当に当たる電話占いサイト5つ厳選しましたので是非、参考にしてみて下さい。

↓↓↓

占い好き100人に聞いたおすすめ電話占いサイトランキング!当たる占い師さんも特集!

 

 

電話占いなんて良くわからない!!という場合は下記の記事を読んでみてくださいね。
初心者の方でも安心して占ってもらえるように、仕組みや鑑定までの流れをくわしく説明しています。

↓↓↓

【電話占いとは?】電話占いの仕組みや鑑定までの流れ

 

 

占い師へ相談することで、気をつけないといけないことや考え直さないといけないことに気付きます。

 

占いをもっと身近に活用することで、あなたの生活の助けになってくれるはずです

 

 

近隣トラブルを避けるための5つの心構え

 

Pointの画像

ここでは近隣トラブルを未然に避けるための心構えを紹介します。

心構えは以下の5つになります。

  • 文句ではなく、困っていることを伝える
  • 「ちょっとの迷惑はお互い様」の精神
  • 我が身も振り返ってみよう
  • 「仕返し」は絶対にダメ!
  • トラブルが深刻化する前に占いに相談

トラブルに至る前に普段の生活を見直すことが重要になります。

 

だれでも好きでトラブルは起したくありませんし、巻き込まれたくもありませんね。

心構えひとつで事態を大きく変えることもできますのでそれぞれ説明をしていきます。

 

文句ではなく、困っていることを伝える

そもそも迷惑をかけている相手は、自分が「近所に迷惑をかけている」という認識がない場合がありますので、文句として伝えると受ける側は感情的になってしまうことがあります。

「売り言葉に買い言葉」になってしまっては余計に話がこじれてしまいますね。

 

まずは相手に状況を知ってもらうように 「困っていることを伝える」ように心がけてみましょう。

直接話すのが難しいようであれば、手紙などの文章で相手に伝えてみましょう。

念を押しますが文句ではなく、困っていることを伝えてください。

 

「ちょっとの迷惑はお互い様」の精神

近隣とは長い付き合いになりますので普段から良い関係を築くことは大前提になります。

近隣トラブルに対する心構えとしては、「ちょっとの迷惑はお互い様」と考えることも重要です。

 

お互いの生活環境を少しでも知ることで許せる範囲は広がります。

 

我が身も振り返ってみよう

迷惑をかけている方は気づいていない場合が多いものです。

また自分は気にならなくても周囲は意外と気になり不満に思っているケースはとても多いのです。

自分も何かしら近隣に迷惑をかけているかもしれないわけです。

 

あなたは、迷惑に思っていることはありませんか?

迷惑だなって思うことは何ですか?

 

迷惑と感じることがあれば自分は同じようなことをしていないか確認してみてください。

自分が同じように迷惑をかけていないか振り返ることが大事です。

 

「仕返し」は絶対にダメ!

力で押さえつけようとしても上手くいきません。仕返しだけは絶対にやめましょう。
事態を悪化させるだけです。

「目には目を歯には歯を! 」
「やられたらやり返す! 」
「倍返しだ! 」

 

このような考え方は危険ですので、まずは冷静な対応を心がけましょう。

 

トラブルが深刻化する前に占いに相談

解決法として占いを紹介していましたが、実はトラブルに至る前の段階でも占いは効果があります。

事前に占いをすることでトラブルを回避できるのです。

例えば、引越しをする場合に運気が上がる方角を占ってもらったり、運気上げる部屋のレイアウトや行動に至るまでアドバイスを聞いてみたり、近隣と上手く馴染めない場合などはどうすべきか、隣の住人がうるさいのだが、どう苦情を伝えればよいかまで相談できます。

 

占いで運気を上げておくことでトラブルになりにくい環境をつくることができます。

 

時間が取れなくてなかなか占いを利用できないという方は、電話占いを利用してみてください。

対面式の占いですと時間をつくって出向かなければいけませんが、電話占いであれば電話一本で相談できますので忙しい人にとっては大きなメリットになります。

 

占い師から助言をもらったその行動が開運にも繋がっていきますので上手く利用してみましょう。

 

当たる占い師を探すには?
↓↓

【占いの種類まとめ】よく当たる占い師に巡り合うには?

 

近隣トラブルについてのまとめ

 

深呼吸する女性の画像

今回は、近隣トラブルになった場合の解決法と、トラブルを未然に防ぐ心構えを紹介しました。

近燐トラブルの内容によって異なりますが、 大抵はお互いを知らないことによる恐怖心」から起こるものです。

 

当たり前のことですが日ごろから顔を合わせたときにあいさつなど、最低限のコミュニケーションは必要になりますね。

少しでもコミュニケーションが取れていてれば、一言二言で済んでしまう話は実は多いのです。

 

近隣トラブルは長期化すると泥沼化してしまい、まともな解決が困難になってしまう場合が少なくありません。

さらなるトラブルを避けるために我慢を続けると、あなたのストレスにもなってしまいますので、できるだけ早期の解決がポイントになります。

 

トラブルになりそうな場合は、今回紹介した近隣トラブルを避けるための5つの心構えを実践してみてくださいね。

 

 

心構えは以下の5つでしたね。

  • 文句ではなく、困っていることを伝える
  • 「ちょっとの迷惑はお互い様」の精神
  • 我が身も振り返ってみよう
  • 「仕返し」は絶対にダメ!
  • トラブルが深刻化する前に占いに相談

占いに関しては誰にも相談ができず、どうすれば良いか分からないときに相談することで大きく状況は変わりますので是非、活用してみてください。

 

占いでその人にあった解決方法を知ることで安心した生活を送れるようになります。

 

占い師があなたを良い方向へと導いてくれるはずです。

 

トラブルが起きないに越したことはありませんが、もしトラブルに直面してしまったら、ぜひここで紹介した対処法を参考にしてみてくださいね。

「本当に当たる占い師はどこにいるの…?」と迷ったら…

まずは占い好き100人に聞いた!おすすめの電話占いサイト&当たる占い師ランキングの記事を読んでみてください。

アンケートの結果…見事1位に輝いた電話占いサイトは……!?

-心・精神の悩み

Copyright© 電話占いフォーチュン研究所 , 2019 AllRights Reserved.